山田兼士の詩

1974年のムスタキ
カヌーの速度とは
小野十三郎邸界隈徘徊
バルバラ76/88
コワイワナア 三井葉子さん追悼
氷川丸幻想
吉本も詩よ
きりぎりす パラフレーズ太宰治
古代への年賀状
俳回文日記
俳回文日記2015
続・俳回文日記
地上の水煙
月光の背中
二上幻想 I
二上幻想 II
明日香風
詩の翼
詩はいつ来るのか
南の電柱
ボストンテリア

ヴェルレーヌの雨
ジョバンニの切符
すみよっさん
カルメン幻想
家は正方形
似非大阪人的告白
「ラ・ボエーム」変奏曲
書のキュビスム 紫舟の文字たちへ
ああ!新世界

長野隆のもう一つの墓
小野十三郎の詩碑
書くときの私は
群集の発見
蟲と朔太郎
鏡のうしろへ
萩原朔太郎の詩碑
さあラフマニノフ野にマフラアさ
ひとりでも死にはしないと誓った日
骨折をおして
夏のコラージュ
アカシアの雨に打たれて昼ごはん
キリン
モンペリエの憂鬱
岩山望景詩
羽曳野
五十七の詩人たち

朔太郎の背中
ななくり
勝浦で明日は咲こう花咲こう
ハイヤーでしゅうしゅう修羅る金閣寺
錦秋を生きてるかぎりはどこまでも
父倒れひょうたん島はどこへ行く
病院で一生一度を待っている
野辺送り明るく明るく走るのよ
花の滝はやてのようにあらわれて
生も死も人は誰でも一度だけ
帰宅してガラスの向こうは風の街
太陽を追って滑って諦めて
夢消えて今日から明日に架ける橋
友と母別れと出会いを繰り返し
雪でしたあなたの後をこだま号
母と兄もしも明日が晴れならば
口ずさむ真綿色したシクラメン
テレビは自転車に乗って
空をこえて アトムな日
トップページにもどる