自己紹介

山田兼士(やまだ・けんじ)
1953年7月4日岐阜県大垣市生れ。巳年蟹座。
関西学院大学大学院卒。
大阪芸術大学教授。大阪文学協会理事。
日本フランス語フランス文学会、京都フランス歌曲協会、
日本現代詩人会、日本文藝家協会、ボードレール研究会、以上会員。
フランス文学者、詩評論家、詩人。
詩誌「別冊・詩の発見」主宰。季刊「びーぐる−詩の海へ」編集同人。

***
山田兼士の著書一覧


(1)萩原朔太郎の世界(長野隆編・共著)砂子屋書房、1987、6、15、章題「萩原朔太郎・詩の<宿命>」)
(2)ボードレール《パリの憂愁》論(単著) 砂子屋書房,1991、11、10
(3)歌う!ボードレール―ドビュッシー/フォーレ/デュパルク(CDブック・編著)同朋舎出版,1996、3、25
(4)対訳フランス歌曲詩集(編訳著)彼方社,2002、4、25
(5)谷川俊太郎《詩》を語る(共著)澪標、2003、6、20〔共著者〕谷川俊太郎、田原
(6)小野十三郎論―詩と詩論の対話(単著)砂子屋書房、2004、6、1
(7)谷川俊太郎《詩》を読む(共著)澪標、2004、10、27〔共著者〕谷川俊太郎、田原、大阪芸大の学生たち
(8)谷川俊太郎《詩の半世紀》を読む(共著)澪標 、2005、8、10〔共著者〕谷川俊太郎、田原、四元康祐、大阪芸大の学生たち
(9)ボードレールの詩学(単著)砂子屋書房、 2005、9、1
(10)抒情の宿命・詩の行方―朔太郎・賢治・中也(単著)思潮社、2006、8、31
(11)小野十三郎を読む(共編著)思潮社、2008、9、1
(12)百年のフランス詩―ボードレールからシュルレアリスムまで(単著)澪標、2009、5、20
(13) 微光と煙(詩集)思潮社、2009、10、25
(14)谷川俊太郎の詩学思潮社、2010、7、4
(15)詩の現在を読む2007-2009澪標、2010、7、10
(16)対論 この詩集を読め 2008-2011(細見和之のと共著)澪標、2012、4、30
(17)家族の昭和(詩集)澪標、2012、7、4
(18)福永武彦を語る 2009-2012(共編著)澪標、2012、12、12
(19)高階杞一論 詩の未来へ(単著)澪標、2013、6、1
(20)羽曳野(詩集)澪標、2013、7、4
(21) 萩原朔太郎《宿命》論(単著)澪標、2014、7、4
(22) 対論 II この詩集を読め 2012-2015(細見和之との共著)澪標、2016、3、15
(23) 詩と詩論 二〇一〇ー二〇一五(単著)澪標、2016、6、5
(24)月光の背中(詩集)洪水企画、2016、10、10
(25) 詩の翼(詩論エッセイ集)響文社、2017、1、13

訳書
(1)ボードレールと『パリの憂愁』(J.A.ヒドルストン著)沖積舎、1989、7、31
(2)オレゴンの旅  セーラー出版社   1995、11、30(ラスカル文、ルイ・ジョス絵による絵本)
(3)エヴァー花の国ー セーラー出版社  2000、5、20   (ラスカル文、ルイ・ジョス絵による絵本)
(4)Le Pont jete Poesie japonaise d'aujourd'hui 詩学社 2003、6,10
(谷川俊太郎はじめ15人の日本詩人のフランス語訳アンソロジー、Olivier Birmannとの共訳)
(5)フランス歌曲の珠玉―深い理解と演奏のために(フランソワ・ル・ルー/ロマン・レイナルディ著、美山節子と共訳)春秋社、2009、4、20
(6)ドビュッシー・ソング・ブック 対訳歌曲詩集(単独訳)澪標、2012、3、3

澪標のe-mailmatsumura@miotsukushi.co.jp
砂子屋書房のe-mailsunagoya@sepia.ocn.ne.jp


トップページにもどる