36 描きたいという欲望

 

 

 人間はたぶん不幸なものだが、欲望に苦しめられる芸術家は幸せだ! ごく稀にぼくの前に現れてかくも速やかに逃れ去った彼女、まるで夜の中を運ばれていく旅人の背後に残される、名残惜しく美しい物のように、速やかにに逃れ去った彼女を描きたいと、ぼくは思い焦がれている。彼女が姿を消してからどれほどの時が過ぎたことか!

 彼女は美しい、いや、美しいどころではない。彼女は驚きだ。彼女の中には黒が溢れている。そして、彼女が喚び起こすものはすべて夜に似て深い。彼女の目は神秘がぼんやりときらめいている二つの洞窟で、その眼差は稲妻のように光を放つ。それは闇の中の炸裂だ。

 ぼくは彼女を黒い太陽に譬えるだろう、もしも光と幸福を注ぐ黒い恒星を考えることができるのなら。だがそれよりさらに、彼女は月を思わせる、疑いなくその恐るべき影響力を彼女に残した月を。冷やかな花嫁に似た牧歌の白い月ではなく、不吉な心酔わせる月、雷雨含みの夜の底に吊るされて、走り行く雲に小突かれている、あの月を。清らかな人々の眠りに訪れる穏やかで慎ましい月ではなく、空からもぎ取られて、敗北し激高した月、脅えおののく草の上でテッサリアの〈魔女たち〉に手荒く踊りを強いられる、あの月を!

 彼女の小さな額には、頑強な意志と獲物への愛が宿っている。しかし、この不穏な顔の下部、うごめく鼻孔が未知と不可能を吸い込んでいるこの顔の下部には、言い知れぬ優美さをもって、大きな口から笑いがはじけているのだが、赤と白の甘美なその口は、火山地に奇跡的に咲いた壮麗な一輪の花さながらなのである。

 征服したい、享受したい、という欲求を喚び起こす女たちがいる。だが、この女は、その眼差しの下でゆっくり死にたい、という欲求を抱かせるのだ。

 

〔解説〕

 次の「月の恵み」と共に「ルナティック」二部作を構成する。穏やかで静かな月ではなく、荒々しく攻撃的な月を思わせる女性への賛美である。「黒い太陽」というネルヴァル的イメージも出てくるが、それ以上に、不吉な月のイメージが印象的な作品だ。

 冒頭は、一瞬の出会いと直後の永訣、というモチーフが韻文詩「とおりすがりの女に」を思わせる。次いで、黒一色に彩られた女の魅力が語られ、その不吉さを含んだ美が讚えられる。生への欲望(エロス)ではなく死への欲望(タナトス)を呼び起こす「危険な女」の魅力である。ボードレール好みの「ルナティック」な女性像というべきだろう。ただし、語り口はあくまで静謐。この点が、『悪の華』のルナティック詩編と異なる、『パリの憂愁』独自の詩境であることは繰り返し指摘してきた。