パリの憂愁

Le Spleen de Paris

 

シャルル・ボードレール

Charles Baudelaire

山田兼士 訳

 

目次

 

アルセーヌ・ウセーに(序文)
1 異邦人2 老婆の絶望3 芸術家の〈告白の祈り〉4 剽軽者5 二重の部屋
6 それぞれがキマイラを7 道化とヴィーナス8 犬と香水壜9 不都合なガラス売り10 午前一時に
11 野蛮な女とかわいい情婦12 群衆13 寡婦たち14 年老いた大道芸人15 菓子
16 時計
17 髪の中の半球18 旅への誘い19 貧者のおもちゃ20 仙女たちの贈り物
21 誘惑、あるいはエロスとプルートゥスと栄光22 夕べの薄明23 孤独24 計画25 美しいドロテ
26 貧者の眼27 英雄的な死28 贋金29 気前の良い賭博師30 綱
31 天職32 バッカスの杖33 酔え34 すでに!/35 窓
36 描きたいという欲望37 月の恵み38 どちらが本当の彼女か?39 駿馬40 鏡
41 港42 情婦たちの肖像43 みやびな射手44 スープと雲45 射撃場と墓地
46 後光喪失47 マドモワゼル・ビストゥリ48 Anywhere out of the world 世界の外ならどこへでも
49 貧者を殴り倒そう!50 善良な犬たち


はしがき

 ボードレールの散文詩集『パリの憂愁』は、1869年に刊行されました。詩人の死後2年目です。
全50篇のうち第20篇までは1862年に「ラ・プレス」紙に掲載され(さらに6篇の校正ゲラが存在し掲載予定だったことがわかる)、以後、1866年にベルギーのナミュールで倒れるまで、晩年の詩魂を注ぎ込んだ作品群です。
ベルトランの『夜のガスパール』という先駆作品があるとはいえ、現代詩の発端になったという意味で、「散文詩」の決定的出発点といえるでしょう。
日本では、大正期における山村暮鳥以来、三好達治、福永武彦、阿部良雄といった人たちによる翻訳で親しまれてきましたが、現在の出版状況は決して満足のいくものではありません。
一般に入手しやすいものとしては阿部良雄訳(ちくま文庫)ぐらいではないでしょうか。

ここに掲載するのは、ぼくがこの25年ほどの間に試みてきた(その多くは訳書も含めて4冊の既刊のボードレール論に引用)訳詩に、あらたに訳し下ろしたものを加えた『パリの憂愁』の全訳です。
推敲を加えながら順次掲載しますが、途中で変更を加えることもあると思います。
なお、各作品の末尾に簡単な「解説」を付しますので、あわせてお読みいただければ幸いです。
(山田兼士)